お知らせ

全日本ロードレース第3戦 YSPレーシングチーム応援スペシャル

全日本ロードレース第3戦が、大分県オートポリスで開催されます。
今シーズンもYSPレーシングの中須賀選手、がんばってますよ!
現在は総合2位で、1位と7ポイント差で臨む第3戦
気合いの走りを見せてくれると思います。
そこで大事なのが大応援団の力です。今年もご協力下さい。
中須賀選手に大応援団の気合いをぶつけてあげましょう!!!
YSP宮崎では、今年もお得な応援スペシャルチケットを販売いたします。
※スペシャルチケットは数に限りがございますのでお早めにお求め下さい。

全日本ロードレース JSB1000とは?

全日本ロードレース選手権は1967年にスタートした国内二輪ロードレースの最高峰。
世界選手権が世界のトップライダーたちのレースであるのに対し、全日本は日本最高のライダーを決める大会であり、ここから多くのライダーが世界に進出している。
2010年からは大きくクラス設定が変更。JSB1000、ST600、GP-MONOはそのままに401〜600tの4ストローク4気筒エンジン搭載するST600からの改造車両やデチューン版Moto2マシン車で争うJ-GP2、旧GP125の2ストロークマシンと4ストローク250cc単気筒プロト車両が混走するJ-GP3が開催される。

ライダー紹介

YSP Racing Team with TRC 中須賀 克行選手 YZF-R1

YSP Racing Team with TRC 中須賀 克行選手

【主な成績】

2007年:全日本選手権JSB1000 ランキング 4位

2008年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン

2009年:全日本選手権JSB1000 チャンピオン

【現在の成績】

4/4 第1戦 3位  4/18 第2戦 3位

現ランキング2位

チーム紹介

YSP Racing Team with TRCは、ヤマハスポーツバイクの専門販売店 「YSP(ヤマハスポーツプラザ)」がメインスポンサーとなるヤマハトップチームであり、監督はサーキット周辺のYSP店主がレース毎に務める「エリア監督制度」を実施。チーム運営は、全日本GP500の3連覇をはじめ世界選手権参戦、鈴鹿8耐優勝などの経歴を持つ平忠彦が代表を務めるTaira Racing Corporationが行なう。
ライダーは、今年から1名体制となりJSB1000で2年連続チャンピオンを獲得している中須賀克行が参戦。
平、藤原儀彦がヤマハで達成した国内最高峰クラスでの3連覇に挑む。

マシン紹介

YZF-R1

1998年の初代モデルのデビューから6代目となる現行「YZF-R1」は、<Ultimate Cornering Master 1000>をコンセプトに開発したモデル。
デビューした昨年は、WSB、JSB1000でチャンピオンを獲得し、ポテンシャルの高さを証明した。MotoGPマシン「YZR-M1」の技術に基づいた「クロスプレーン型クランクシャフト」を採用し、さらに戦闘力を向上している。これをベースとしレギュレーションに合わせたチューニングを行ない、レースマシンとしての戦闘力を向上させている。

詳細情報

【日時】
5/22(土)予選
5/23(日)決勝

【場所】
大分県日田市上津江
オートポリス

【チケット】
¥5,000⇒¥4,000【YSP特別価格】

※当店でバイクを購入されている方には感謝価格の¥3,000とさせていただきます!

【チケット内容】

  • 2日間通し券
  • パドック入場
  • ピットウォーク
  • ロイヤルルーム入場
  • YSPレーシングチーム オリジナルタオル
  • YSP専用ブース入場
  • YSP専用駐車場無料利用(バイクのみ)

遠方のかたで来店が困難な場合は、代金引換にて発送も可能です。

※詳しくはスタッフまで。

ページトップへ戻る